資金繰りの相談を行政書士に!

行政書士は、①官公署に提出する書類 ②権利義務に関する書類③事実証明に関する書類を業として作成することができます。金融機関で融資を受ける時の必要書類の全てはこれらに含まれます。

例えば、行政書士は、日本政策金融公庫に融資申込をする書類作成と提出代行を行います。初めての手続きの時は一度同行して公庫に出かけますが二度目からは行政書士事務所へ出向くことで後は郵送手続きで済みます。

手続きの一例は、

お客様が行政書士事務所に相談し、

行政書士が書類を作成し、お客様が書類に捺印をする。

行政書士が公庫に申込書等を郵送する。

公庫からお客様に連絡があり、

行政書士と同行して公庫に出向く。

公庫から行政書士に結果連絡があり、

行政書士からお客様に結果の連絡をする。

以上の順番になりますので、公庫に出向く回数が少なくなります。

書類の作成も専門家が作成します。

ぜひ、一度ご相談してみてください。